合同会社

合同会社の出資方法

こんにちは山梨サムライ新聞です。今回は合同会社の登記申請に必要な出資金払込証明書と銀行への出資方法について書いて行きたいと思います。山梨県の場合、下記の本局へ会社設立の登記申請をする必要があります。[cc id=6743 title="山梨県の法務局(商業登記)"]

合同会社の出資方法

合同会社を設立する為には定款作成後、銀行に出資金を預ける必要があります。会社設立前なので会社名義で口座を開設する事はできません。

そのため、代表者1人を決めて代表者の個人口座に出資金となるお金を入金します。複数の出資者がいる場合は必ず一人ずつ振り込むようにしましょう!そうする事によって通帳に名前が記載され、定款に記載した通りに各人が出資した事を証明できます。

出資金払込み証明書を作る

次に登記申請に必要な出資金払込証明書を作ります。払込証明書とは社員から会社に対する払込が確かになされたということを証明する書類です。

出資金払込証明書の見本

当会社の設立に係る出資につき、次の通り出資金額の払込みを受けたことを証明します。

払込みを受けた金額の総額   金1,000,000円

平成28年4月12日

山梨県甲府市丸の内○丁目

合同会社○○

社員 ○○太郎

上記のような出資金払込証明書を作成します。この証明書に通帳のコピーをホッチキス留めして契印します。なお、手数料と時間がかかるので実務的には利用する事が殆どないですが銀行に依頼すれば出資金払込証明書を作ってもらう事もできます。今回の記事が甲府市や甲斐市など山梨県での合同会社設立の参考になりましたら幸いです。

HPの作成依頼

ホームページ・webサイトの作成依頼はこちらまで

作成を依頼



登録情報の変更・削除

先生方の登録情報の変更や削除依頼はこちらまで

変更・削除を依頼

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
山梨サムライ新聞事務局

山梨サムライ新聞事務局

山梨サムライ新聞事務局のAIKAWAです。2009年からWEBの仕事に携わり2014年から山梨県で行政書士事務所を開業しました。最近は自分にしかできない仕事をしたいと考え山梨県の士業情報を発信するWEBメディア「山梨サムライ新聞」を立ち上げました!

-合同会社

Copyright© 山梨サムライ新聞 , 2020 All Rights Reserved.