080-6390-7220

営業時間 平日9:00〜17:00

ホームページの作り方 事業戦略

ホームページの記事の作成方法

この記事について

下記の記事は以前お客様からご依頼があって作成させていただいた弊社のオリジナル記事です。ホームページや集客用ランディングページ(LP)をご自身で作成したい場合、下記の記事を参考にしていただけると幸いです。

今回は行政書士などの専門家が自分でホームページを作る方法について解説しています。テーマのアップロードが完了したらいよいよサイト制作に入ります。

サイト制作で最も重要なのは個々の記事です。記事は記事タイトルと記事文章で構成され、サイトタイトルに沿った内容を執筆する事が基本です。

サイトタイトルの決め方

サイトタイトル

サイトのタイトル(このサイトで言うと"山梨県web作成相談センター")は「参入市場分析とサイトタイトルの決め方」で掲載している通りです。

仮に静岡県で入管業務を行おうと検討しているのならば「鈴木太郎行政書士事務所」ではなく「静岡県ビザ在留資格相談所」などにするべきです。

ポイント

作成するサイトは専門サイトです。相続から会社設立、許認可など全てを網羅したようなサイトの場合、見に来た人にとって不要な情報が多く含まれているのでSEO上も好ましくありません。

相続について相談したい人が訪れた時にどのような悩みがあるのか先回りして答えてあげれるようなサイトが理想です。

記事文章の作成

ホームページの文章を作成するためには専門書を少なくとも数冊読み込んで自身が知識をつける必要があります。

知識をつけて、情報を体系的に理解した後、執筆(ライティング)を行います。文章は基本的に書けば書くほど上手くなりますので書き続ける事が重要です。

業者に依頼した場合も文章執筆は自分で行わなければならない事が殆どなので日頃から文章を書くことに慣れておいた方がいいでしょう。

私の場合、大きなサイトを作るときは「専門知識をつける(数週間)→記事タイトルを考える(数日)→記事タイトルにあった文章を執筆する(数週間)」といった手順でwebサイトを作成します。

古物商の許可など比較的簡単な業務の場合、勉強量が少なくて済むので素人でも1週間もあればサイトを完成させる事ができます。

ライティングの注意点

  • ペルソナ(読者)をある程度具体化して文章を執筆する
  • 可能な限り専門用語を使わずわかりやすい文章を心がける
  • 専門性・網羅性・信頼性を意識してオリジナル文章を執筆する

記事タイトルについて

記事タイトル

記事タイトルはサイトタイトルと同様にSEOの観点からも重要です。新聞の記事タイトルと文章の関係のようにタイトルに沿った内容で文章を執筆する事が基本です。

文字数は競合との関係によって変わってきますが、基本的には1つの記事で1000文字以上書いた方がいいでしょう。

初めのうちは1000文字の文章を執筆するのに数時間から1日程度かかることもありますが、慣れてくれば1時間程度で執筆できるようになります。

ホームページの記事の作成方法まとめ

ホームページの記事作成方法に簡単な裏技のような方法はありません。専門家として知識をつけて情報を発信していくことを心がけましょう!今回の記事が士業従事者のホームページ作成の参考になりましたら幸いです。

ホームページ作成に必要なもの

-ホームページの作り方, 事業戦略

© 2022 山梨県web作成相談センター